ひとり言

亡くなった後は様々な届け出や申請の手続きがございます

ご家族が亡くなると様々な届け出や申請の手続きが必要です。例えば、亡くなった直後に行うものとしては死亡届の届け出や埋火葬許可書の申請があります。こちらはほとんどの葬儀社が代行で手続きを行いますが、この他にも年金受給の停止や故人様名義の不動産や自動車、預貯金等の名義変更、生命保険金や給付金の請求、確定申告や納税に関することや相続に関すること等があり、葬儀が終わった後にご家族様が行うことになります。また、細かいところまでいえば運転免許証やパスポートの失効手続き、クレジットカードや携帯電話の解約等、その内容は個人個人で異なりますが多岐にわたります。届け出や申請に関しては期限が定められているものもありますので優先順位を考えて期限内に行わなければいけません。

専門家に依頼した方が良い場合もあります

それぞれの届け出や申請の手続きには、それに必要な書類を準備する必要がございます。また、対応する機関や窓口も役所であったり年金事務所であったり各企業であったりしますので事前に確認が必要です。必要書類をそろえるにあたっても、同じ書類が何通必要か、それを取得するにはどこへ行けばよいか等の確認が必要になり、手続きの数が多ければ多いほど手間がかかります。こういった手続きはご家族様が行うことではありますが、内容が複雑であったり肉体的精神的に大変であったりする場合には司法書士等の専門家に依頼することも可能です。特に相続関係の手続きや不動産の登記に関すること等は専門的な知識が必要になるケースも多々ありますので、ご家族様自身で行うよりも専門家に依頼した方がよいこともございます。

必要に応じて司法書士のご紹介もできます

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。弊社では亡くなった後の手続き関係で専門家のアドバイスが必要な方にはご希望に応じて、相続や不動産登記の知識と経験が豊富な司法書士をご紹介しております。ご相談やお見積りは無料で対応していますので「自分たちでできるのか不安だ・・・」「何から手を付けてよいのかわからない・・・」という方は一度ご相談下さい。弊社は葬儀が終わった後も、ご家族様の負担が軽減できるようにしっかりとしたアフターサポートを行っております。野田市・柏市・流山市の直葬や安い家族葬をお考えでしたら安心して弊社にお任せ下さい。経験豊富な葬祭ディレクターとグリーフケア・アドバイザーも多数在籍しております。

このひとり言をつぶやいたスタッフ

西野

西野隼央

専務取締役
所有資格:葬祭ディレクター/グリーフケア・アドバイザー/終活ライフケアプランナー

葬儀のわかりやすい資料をご用意しております

葬儀のことを知っておきたいけど、事前相談に行く勇気がまだ持てない。まずは資料だけ見てみたいという方は弊社の資料をご覧下さい。もちろん無料で、電話とメールにて受け付けております。
資料をご覧になって頂いた後、不明な点等は事前相談をお勧めします。事前相談は皆様の不安を安心に変えることができます。

割引券プレゼント中

まずはお気軽に無料の最新資料をご請求下さい

0120-40-4194(受付時間 24時間365日)