人形供養祭について

次回の「第11回人形供養祭」は令和2年3月頃を予定しております。開催日程が決まりましたら当ホームページにてお知らせ致します。
尚、人形のお預かりは開催日の1ヶ月前からとなります。お持込みの際はお問い合わせ下さい。

人形供養とは

日本では「長年大切にしてきた人形には魂が宿る」と言われていて、このような考えや風習は現在もなお人の心に残っております。役目を終えたからといって大切にしていたお人形やぬいぐるみを、むやみにゴミとして処分することにはできないものです。しかし、タンスや押し入れにしまいこんだままでは、お人形やぬいぐるみがかわいそうに思えます。
そんなお人形やぬいぐるみの魂を抜き、感謝の気持ちを伝えてお別れを行うことが人形供養です。

思い入れのある古くなったお人形やぬいぐるみを、どうしたらよいかお困りではありませんか?

今まで大切にしてきたお人形やぬいぐるみを、どうしたらよいかお困りではありませんか?
役目を終えたお人形やぬいぐるみを是非お持ち下さい。東葛福祉葬祭では、そんなお人形やぬいぐるみを真心込めて供養させて頂きます。

人形供養祭の流れ

東葛福祉葬祭が行う人形供養祭の流れをご説明致します。

① 人形のお預かり

人形供養祭の受付

人形供養祭の会場である流山家族葬ホールに、ご供養をされる人形やぬいぐるみをお持ち頂き、受付にてお預かりを致します。受付にてお名前等を記入して頂き、供養料をお納め頂きます。
(皆様からお預かりしました供養料がお寺様のお布施となります)

ポイント

人形供養祭の当日ご都合が悪い場合には事前にご供養する人形をお預かりすることもできます。(10時~15時)
※会場は家族葬ホールのため、葬儀を行っている日はお預かりができません。お越し頂く前にお問い合わせ下さい。

② 人形供養祭

人形供養祭

流山家族葬ホールにて、お寺様をお招きし人形供養祭を執り行います。おおむね30分の読経となります。ご参列の皆様にはご焼香をして頂き、お持ち頂いたお人形やぬいぐるみ等との最後のお別れをして頂きます。
尚、ご参列の際の服装は普段着でかまいません。

ポイント

人形供養祭当日にお人形やぬいぐるみをお持ち頂いた方で、供養祭にご参列できない方は、お線香をあげて頂くことができます。受付お済みの後にご案内させて頂きます。

③ 人形をお寺様にお届けします

人形を運ぶ車

弊社にて、人形供養祭で魂抜きをしたお人形やぬいぐるみをお寺様にお届け致します。

④ お焚き上げ

お焚き上げ

人形供養祭で魂抜きをしたお人形やぬいぐるみを、お寺にてお焚き上げを行います。天候等にも左右されますので実施の日時はお寺様にお任せしております。

※お立合いはできませんのでご了承下さい。

ポイント

お焚き上げまでしっかりと行う人形供養は、葬儀社が行う人形供養祭ではそこまで多いことではありません。ご安心してお任せ下さい。

⑤ 終了のご報告

お焚き上げ終了のお手紙

お寺様によるお焚き上げまで終了した後、人形供養終了のお手紙をお送り致します。

人形供養祭の費用

東葛福祉葬祭で行う人形供養の費用は、お人形やぬいぐるみの数で決まります。
お人形やぬいぐるみ、一体一体に魂が宿っているという考えのもと行っておりますので、段ボール1箱でいくらという料金体系ではございません。

一体目は500円、二体目からは一体につき300円となります

お人形やぬいぐるみ、一体目は500円とさせて頂いております。二体目より一体につき300円となり、人形やぬいぐるみの数に応じて料金が決定致します。
(例:三体の場合は500円+300円+300円=1100円)

お人形の数え方

大きくても一体・小さくても一体

人形の数え方

お人形の大きさで費用が変わることはございません。

あくまでもお人形の数を数えます

人形の数え方

一つの台座に複数の人形がある場合も人形の数を数えます。

ミニチュアキットもお人形の数を数えます

人形の数え方

コンパクトなミニチュアキットもお人形の数を数えますので下記のようになります。

人形の数え方

一つでも二体と数えることもあります

人形の数え方

一つでもあきらかに複数だと思われるお人形に関しては二体三体と数えていきます。
※あくまでもお人形一体一体の供養をお寺様にお願いしておりますのでご理解をお願い致します。

人形供養祭の開催場所

東葛福祉葬祭の人形供養祭は、自社式場の流山家族葬ホールにて行っております。

流山家族葬ホール

人形の数え方

住所 〒270-0101
千葉県流山市東深井105-10
電話 04-7153-4194
駐車場 10台

アクセス

電車の方

東武アーバンパークライン 運河駅 徒歩8分

お車の方

流山ICより車で10分

人形お預かり施設

人形のお預かりは供養祭の会場でもある流山家族葬ホールにて行っております。(10時~15時)
※会場は家族葬ホールのため、葬儀を行っている日はお預かりができません。お越し頂く前に必ずお問い合わせ下さい。尚、流山家族葬ホールまでお越し頂くことが難しい場合には、下記店舗でも受付をしております。

柏市にお住まいの方

柏市にお住まいの方で流山家族葬ホールまでお人形やぬいぐるみを持参することが難しい方は、弊社柏店でもお預かりを致します。(10時~15時)
※葬儀施行のためスタッフが外出している日はお預かりできません。柏店へ持参される方は、事前にお問い合わせを頂き“柏店へのお持込み”とお伝え下さい。尚、柏店にお電話を頂いた場合でも、葬儀施行のためスタッフが外出している際は本店でお電話をお受けしておりますので、必ず“柏店へのお持込み”とお伝え下さい。(こちらでの受付は人形供養祭前日までとなります)

野田市にお住まいの方

野田市にお住まいの方で流山家族葬ホールまでお人形やぬいぐるみを持参することが難しい方は、出張引取りサービスをご利用ください。
現在、野田店でのお預かりは中止させて頂いております。

お人形やぬいぐるみを持参できない方

「車がなくて持っていけない」「数が多くて大変」という方は、お電話頂ければ弊社社員が無料でお預かりに伺います。(日時の指定はできませんのでご了承下さい)
尚、出張引取りサービスは人形供養祭前日までとなり、流山市・柏市・野田市・我孫子市・松戸市の方に限らせて頂きます。
※郵送での受付は現在行っておりません。

人形供養祭でお引き取りできる物できない物

人形供養祭での供養はお人形やぬいぐるみに限らせて頂いております。
お人形が入っていたガラスケースや、ひな壇飾り、お人形ではない物等はお引き取りできませんのでご了承下さい。また、供養できるのか悩まれる物については、お問い合わせをお願い致します。

※過去の人形供養祭ではお引き取りさせて頂いた物でも、お寺様との話し合いによりお引き取りできなくなった物がございます。

お引き取りできる物

お人形やぬいぐるみ

日本人形

日本人形

市松人形、木目込み人形、こけし、全てお引き取り可能です。
雛人形

雛人形

子供の成長を見守ってきた雛人形、心を込めてご供養致します。
ぬいぐるみ

ぬいぐるみ

小さなころから大事にされたぬいぐるみ、大きさを問わずお引き取り致します。

※この他、一般的なお人形は全て可能です。

顔がある物

羽子板

羽子板

人形がついている羽子板はお引き取り致します。
ダルマ

ダルマ

ダルマのご利益は1年間とされています。役目を終えたダルマも一緒に供養させて頂きます。

※この他、お顔があるものは基本的に可能です。

兜や破魔弓

兜

五月人形の兜はお引き取りしております。
破魔弓

破魔弓

正月の縁起物である破魔弓もお引き取りしております。

※お人形ではありませんが、特別に一緒にご供養して頂ける物となっています。

お引き取りできない物

お人形以外の物

お人形の入っていたガラスケース、ひな壇飾り、お人形ではない物はお引き取りできません。下記のような付属品もお引き取りできませんのでご了承下さい。

お引き取りできない物

※お人形に付いている物や持っている物は一緒にお引き取り致します。

個別で供養するべき物

仏像

仏像

仏像は個別で供養された方が良い物ですのでお引き取りできません。
お稲荷さん

お稲荷さん

仏像と同じく個別で供養された方が良く、寺院よりも神社に依頼されることが望ましい物となります。
剥製

剥製

動物の剥製はお人形ではありません。個別で供養されることをお勧め致します。

※上記の物は人形供養祭でのお引き取りはできませんが、個別での供養を承ることは可能です。
(ご希望の方はご相談下さい)

お引き取りできるがお焚き上げはできない物

お焚き上げは燃える物に限らせて頂いております。燃えない材質の物等は人形供養祭で供養を行った後に処分させて頂きます。お焚き上げは行いませんのでご了承の上ご参加をお願い致します。

陶器製の物

陶器製の物

陶器製の物は燃えませんのでお焚き上げは行えません。
兜

金属製の物

金属製の物も燃えませんのでお焚き上げは行えません。

※この他、お寺様がお焚き上げを行うことが難しいと判断された物は供養までとなります。

過去の人形供養祭の実績

毎回多くの方にご参加頂き、たくさんのお人形やぬいぐるみをご供養させて頂きました。ご参加頂いた方々からは「こんなに丁寧にして頂いてありがとうございます」「捨てられずに困っていたので助かりました」「次回はいつですか?」というような、ありがたいお言葉を頂いております。
今後も地域の皆様のお役にたてるよう努力してまいります。

第10回人形供養祭

日時 令和元年9月22日
参加人数 97組
人形の数 742体

第9回人形供養祭

日時 平成31年3月24日
参加人数 114組
人形の数 723体

第8回人形供養祭

日時 平成30年9月22日
参加人数 88組
人形の数 598体

第7回人形供養祭

日時 平成30年3月25日
参加人数 102組
人形の数 629体

第6回人形供養祭

日時 平成29年9月24日
参加人数 95組
人形の数 549体

第5回人形供養祭

日時 平成29年3月26日
参加人数 74組
人形の数 420体

第4回人形供養祭

日時 平成28年9月25日
参加人数 75組
人形の数 396体

第3回人形供養祭

日時 平成28年3月27日
参加人数 57組
人形の数 252体

第2回人形供養祭

日時 平成27年9月27日
参加人数 55組
人形の数 326体

第1回人形供養祭

日時 平成27年3月29日
参加人数 25組
人形の数 174体