ひとり言

自宅で突然亡くなると警察が呼ばれます

それまで普通に生活していた方が体調が悪くなったり、不慮の事故が起きたりして突然亡くなられることがこざいます。まずは救急車を呼ぶ等の対応を行うことが必要ですが、救急隊が到着した時点ですでに死亡していると判断された場合は救急車での搬送は行われずに警察が呼ばれることになります。警察官は自宅へ到着するとご遺体を警察署へ搬送します。

警察は事件性の有無を確認します

搬送されたご遺体は医師が検案を行い死因について事件性がないかを確認します。検案が終わり問題がないと死体検案書が発行されます。検案の段階で死因が特定できない場合や、事件性があると判断された場合には解剖が行われることもございます。

弊社では死体検案書を代行で受け取りに行きます

基本的に死体検案書は、検案を行った医師の病院に受け取りに行くことになります。しかし、突然死の場合はご家族様の動揺も大きく、病院が自宅から離れていたり、場所がわからなかったりということもございます。ご家族様にとっては大きな負担になることもありますので、弊社ではご家族様に代わって死体検案書を病院に受け取りに行くサポートも行っております。

葬儀社への連絡はいつするべきか

葬儀社への連絡はご遺体が警察署へ搬送された後、なるべく早くされると良いでしょう。葬儀社は警察署にご遺体が搬送されたときの流れも熟知しておりますので、葬儀のことだけでなく、今後どのような流れになるのかの説明を行うこともできます。今後の流れを理解するだけでも不安を軽減することができますので、葬儀社には早めに連絡をして相談されることをお勧め致します。また、警察署で検案が終わり、許可が下りると、速やかに警察署に故人様をお迎えに行かなければいけませんので、遅くても許可が下りるまでには葬儀社に連絡し決定しておく必要がございます。

経験豊富な地元葬儀社を選びましょう

ご自宅で突然亡くなった場合、ご家族様の動揺や不安はより大きいものになります。亡くなった事実を受け止めることができない方も多くいらっしゃいます。動揺や不安が大きい時こそ、プロの適切なアドバイスが重要になってきます。弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする地域密着型の葬儀社です。近隣の警察署へのお迎えの経験も豊富にございますので、状況に応じた適切なアドバイスをさせて頂くことができます。野田市・柏市・流山市で直葬や安い家族葬をお考えなら弊社にお任せ下さい。ご家族様の心情に寄り添い、誠心誠意お手伝いをさせて頂きます。

このひとり言をつぶやいたスタッフ

西野

西野隼央

専務取締役
所有資格:葬祭ディレクター/グリーフケア・アドバイザー/終活ライフケアプランナー

葬儀のわかりやすい資料をご用意しております

葬儀のことを知っておきたいけど、事前相談に行く勇気がまだ持てない。まずは資料だけ見てみたいという方は弊社の資料をご覧下さい。もちろん無料で、電話とメールにて受け付けております。
資料をご覧になって頂いた後、不明な点等は事前相談をお勧めします。事前相談は皆様の不安を安心に変えることができます。

割引券プレゼント中

まずはお気軽に無料の最新資料をご請求下さい

0120-40-4194(受付時間 24時間365日)