ひとり言

参列できない旨をご遺族に伝えましょう

生前、ご縁のあった方の通夜や葬儀には参列をしたいものですが、「遠方に住んでいる・・・」「高齢で参列が難しい・・・」「仕事の予定が外せない・・・」「体調が良くない・・・」等の理由により参列ができない場合もあります。訃報の連絡を受けて参列ができないとわかった時は、その旨をご家族様に伝えましょう。その際に、参列ができない理由も簡単にお伝えすると良いでしょう。

参列ができない時に代わりにできることは?

通夜や葬儀に参列できない場合、弔電を送ったり、香典や供花、供物を送ることで弔意を表すことができます。弔電はNTT電報が一般的ですが、他にも取り扱っている会社がございますのでデザインや費用の面を踏まえてお選び頂くと良いでしょう。香典は喪主様に直接お送りするか、代理で頼める方がいれば、通夜か葬儀に本人に代わって持参してもらいます。供花や供物は葬儀社に注文することが一般的で、予算に合わせてお選び頂けます。

香典や供花を辞退されている場合もございます

故人様やご家族様のご意向により、香典や供花、供物を辞退されている場合がございます。その場合、お送りしたことでご家族様が戸惑ってしまうこともございますので注意が必要です。ご弔電まで辞退されているケースは少ないようですが、お送りする前に担当の葬儀社に確認すると良いでしょう。

家族葬のため参列ができない場合は葬儀後に自宅へ伺います

一般的には家族葬では親族等の近親者のみが参列し、一般の方の参列をご遠慮されるケースが多くみられます。そのような事情で葬儀に参列できなかった場合は、葬儀が終わった後にご自宅へ伺うようにします。葬儀終了後のご家族様は心身ともにお疲れになっておりますので、予め連絡をした上で伺うことが望ましくなります。また、ご家族様に負担にならないような配慮も必要になってきます。

流山市や柏市や野田市の家族葬はお任せ下さい

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。家族葬で行った場合、ご縁のあった友人や知人の方々は葬儀後に自宅へ来られます。ご自宅へ来られる際にお香典をお持ちになられる方も多くいらっしゃいますので、香典返し等の準備をしておくことが必要になってきます。弊社では、使用しなかった返礼品は後日に返品することも可能ですので、余裕をもった数での準備を行っても無駄がありません。野田市・柏市・流山市で直葬や安い家族葬をお考えでしたら安心して弊社にお任せ下さい。

このひとり言をつぶやいたスタッフ

西野

西野隼央

専務取締役
所有資格:葬祭ディレクター/グリーフケア・アドバイザー/終活ライフケアプランナー

葬儀のわかりやすい資料をご用意しております

葬儀のことを知っておきたいけど、事前相談に行く勇気がまだ持てない。まずは資料だけ見てみたいという方は弊社の資料をご覧下さい。もちろん無料で、電話とメールにて受け付けております。
資料をご覧になって頂いた後、不明な点等は事前相談をお勧めします。事前相談は皆様の不安を安心に変えることができます。

割引券プレゼント中

まずはお気軽に無料の最新資料をご請求下さい

0120-40-4194(受付時間 24時間365日)