ひとり言

葬儀場に宿泊される理由として多いお線香番

仏式の葬儀ですと「お線香を絶やしてはいけない・・・」といった風習がございます。特にお通夜の晩は親族で交代でお線香をあげて一晩中絶やさないようにします。これは様々な諸説がございますが、「魔除けのために・・・」「浄土までの道筋を示すため・・・」といった説が多くいわれております。また、昔は現在のような遺体保全ができなかったので「死臭をごまかすために線香を焚いていた・・・」「死臭により獣が寄ってくることをさけるため線香を焚いていた・・・」等の理由があったともいわれております。

現在は多くの葬儀場でお線香番ができません

現在、多くの葬儀場で夜間は火気厳禁となっており、お線香をあげることを禁止しております。これは葬儀場に宿泊設備がある場合でも同じです。葬儀場に宿泊をしたとしても、「交代でお線香番をする・・・」ということはできなくなりました。流山市や柏市の方が利用する公営斎場のウイングホール柏斎場も、野田市の方が利用する野田市斎場も、夜間は火気厳禁となっており、お線香をあげることはできません。

葬儀場に宿泊される方は減ってきました

ウイングホール柏斎場や野田市斎場等では、宿泊される方の控室はございますが、シャワー等の設備はありません。また、宿泊をされても夜間にお線香をあげることができませんので「葬儀場に宿泊する・・・」という方が依然と比べて減ってきました。

宿泊ができない葬儀場もございます

最近では様々な理由により、宿泊することができない葬儀場も増えてきました。弊社の自社式場である流山家族葬ホールも宿泊設備はございません。宿泊設備がない葬儀場が増えてきている理由としては、以前と比べて「葬儀場に宿泊をする・・・」と希望される方が減ってきたことも理由として挙げられます。「お線香をあげることができなくても通夜の晩は葬儀場に宿泊したい・・・」という希望がある方は、葬儀場選びも大切になってきます。

弊社はお客様のさまざまな希望を踏まえてご提案をしていきます

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。葬儀場によってメリットやデメリット、できることやできないことが違ってきます。弊社では、お客様の様々な希望や状況を伺い、最適な葬儀場をご案内しております。野田市・柏市・流山市の直葬や安い家族葬をお考えなら安心してお任せ下さい。経験豊富な葬祭ディレクターとグリーフケア・アドバイザーが誠心誠意お手伝いをさせて頂きます。

このひとり言をつぶやいたスタッフ

西野

西野隼央

専務取締役
所有資格:葬祭ディレクター/グリーフケア・アドバイザー/終活ライフケアプランナー

葬儀のわかりやすい資料をご用意しております

葬儀のことを知っておきたいけど、事前相談に行く勇気がまだ持てない。まずは資料だけ見てみたいという方は弊社の資料をご覧下さい。もちろん無料で、電話とメールにて受け付けております。
資料をご覧になって頂いた後、不明な点等は事前相談をお勧めします。事前相談は皆様の不安を安心に変えることができます。

割引券プレゼント中

まずはお気軽に無料の最新資料をご請求下さい

0120-40-4194(受付時間 24時間365日)