地域新聞社様から取材を受けました

ちいき新聞さんの「プロが教える理想のシニアライフのヒント」をテーマに取材を受けました

登場人物

西野

西野 隼央

東葛福祉葬祭
専務取締役
ちいきくん

ちいきくん

地域新聞社
松戸支社 企画営業
小山様

小山 和純様

地域新聞社
松戸支社 企画営業

インタビュー内容

― 本日はよろしくお願いします。まずは御社についてお伺いをしたいのですが、葬儀社にとって一番大切なことは何だとお考えですか?

一番は実際にお手伝いをするスタッフが“真面目で誠実であるか”だと思います。もちろんお葬式の費用も大切で、その部分でも弊社は自信を持っていますが、お葬式というのは実際にお手伝いをするスタッフ次第で良くも悪くもなります。スタッフが如何にお客様の気持ちに寄り添い的確なアドバイスができるかがお葬式の良し悪しを決めます。お客様はどんなに心づもりをしていても、もしもの時には動揺し冷静ではいられなくなります。そのような状況で葬儀社に希望をしっかりと伝えることは難しいんですよね。弊社のスタッフはそんなお客様の気持ちに寄り添い、お客様の言葉一つ一つに“どのような希望が隠れているのか”を真剣に考えて様々なご提案をさせて頂いています。

地域新聞社様から取材を受けました

― 例えばどのようなことですか?

そうですね…。例えば「葬儀場から火葬場までは、どの道を通っていくのですか?」という質問があったとします。この質問の場合、純粋に“火葬場までの道のりが知りたい”のかもしれませんし、もしかしたら“火葬場に行く時に自宅の前や思い出の場所を通れるかしら?”という希望が隠れているのかもしれません。弊社のスタッフの場合は、ただ質問に答えるのではなく、後者の様な希望が隠れているのではないかと考え、通常の道のりをお伝えしつつ「どこか通って差し上げたい場所はございますか?」といった言葉を添えます。

― 聞いてくれると伝えやすいですね。

そうですよね。また、このように希望があるか伺うことには、お客様自身で無理だと判断されてしまわないようにという意味もあります。

― 確かに無理そうだと思ったら「自宅の前を通ってほしい」と言わないかもしれませんね…

私たちも何でも叶えられるわけではありませんが、難しいことでも「こういう形ならできますよ」とか代わりの提案をさせて頂き、なるべく希望にそったお葬式を提供させて頂きたいと思っておりますので、どんなことでも遠慮しないでほしいですね。
この例え話はお客様も希望を理解しているケースですが、お客様自身も具体的にどのようにしたいのかを理解されていないケースもあります。この場合、弊社のスタッフは様々な提案をさせて頂いています。

地域新聞社様から取材を受けました

― どのような提案ですか?

例えば、漠然と「形式に拘らずに故人らしい飾り付けをしてあげたい」といった想いがある場合には、故人様の趣味等を考慮した祭壇や想い出コーナーをご提案することもあります。今までにはスカイダイビングを趣味としていた故人様のためにご本人が使用していたパラシュートを使い祭壇を作成したり、魚釣りを趣味としていた故人様のために想い出コーナーに釣り道具やお写真をお飾りするとともに生花でヘラブナを作成したりしました。

― すごいですね。そんなこともできるんですか。

はい。ただし、お葬式を行う式場にはルールがありますので、“この式場だと可能なことも他の式場では禁止されている”ということもあり、どこの式場でも同じようなことができるとは限らないんですよね。

― なんだか難しいんですね。

そうですね。もしもの時には動揺もしていますし、次々と決めていかなければならないことがたくさんありますからご家族様は大変です。忙しい中での選択の連続ですから、お葬式が終わった後から「こうしてあげれば良かった…」等の思いが出てしまうこともあるかもしれません。そこで是非お勧めしたいことがお葬式の事前相談です。事前相談でお葬式に関する希望を整理し、できることとできないこと、希望を叶えるにはどうすれば良いかをお葬式のプロである葬儀社に相談しておくことで後悔のないお葬式を行うことに近づけます。また、お葬式のことを少しでも理解しておくことでもしもの時の不安を軽減することができ、日々の生活や仕事、介護等に集中して過ごすことができるようにもなるんですよ。

地域新聞社様から取材を受けました

― お葬式の事前相談って大切なんですね。でも、なんだか事前に相談って気が引けるんですけど…みんな事前の相談って行っているんですか?

弊社でお手伝いさせて頂いているお葬式の大体8割くらいのお客様が事前に相談をされたり資料を請求して頂いたりしていますね。そんなお客様方が口をそろえておっしゃるのが「事前にお話を聞いておいて良かった」というお言葉です。弊社ホームページの“お客様インタビュー”でもそういったお言葉を述べられるお客様がたくさんいらっしゃいます。

― 事前相談をするときのポイントってあるんですか?

“疑問に思うことは何でも聞いてみる”ってことですかね。お客様の中には「こんなこと聞いたら恥ずかしい…」と思って、質問することをためらってしまう方がいらっしゃいます。でも、聞いて恥ずかしいことなんて一つもないんですよね。お葬式って参列されることは何度もあっても、いざ自分が喪主の立場で行うというのは人生の中でもごくわずかです。わからないことが当たり前ですから恥ずかしい質問なんてないんですよ。

― そうなんですね。でも何を聞いたら良いのかもいまいちわからないのですが…

それも当然のことです。そのような場合、弊社ではお客様の状況や希望を確認しながら、もしもの時やお葬式の流れ、お葬式の費用について、事前にどういった準備をしておくと良いか等を一通りご説明致します。その中で疑問に思ったことやわからないこと等をどんどん質問して頂くと理解しやすいかと思いますね。

地域新聞社様から取材を受けました

― では、今回ちいき新聞の「プロが教える理想のシニアライフのヒント」ということで取材をさせて頂いていますが、御社が地域の方々から選ばれている理由は何ですか?

お葬式は「ただ安いだけ」ではいけませんし、「無理な予算」をかけて行うこともお勧めできません。弊社では無理のない予算で希望を叶えられるようお客様の想いを第一に考えたご提案やアドバイスを心掛けています。

― 理想のシニアライフを過ごすための秘訣は何ですか?

お勧めは終活です。終活とは人生の終焉について考えることで残りの人生をより充実させるための活動です。例えば、お葬式は何度も経験することではありませんから「もしもの時はどうすれば…」といった悩みや不安が付き物です。こうした悩みや不安を事前に解消しておくことは、ご自身だけでなく残される家族にとっての安心にも繋がります。

― 最後にちいき新聞読者にメッセージをお願いします。

終活は思い立った時が始めるタイミングです。不安を解消してご自身のシニアライフを充実させませんか?お葬式のことやお墓のことなら私達にご相談下さい。自分の終焉について考えることで少し人生観がかわるかもしれませんよ。

― 本日はありがとうございました。

ありがとうございました

地域新聞社様から取材を受けました

ちいきくん

人生のゴールを考えることが充実したシニアライフに繋がることを教えてもらいました♪

※取材日2019年6月
(2019年6月28日号【流山版】【柏北版】【野田版】掲載)