インタビュー風景

流山家族葬ホールで家族葬を行ったお客様にお話を伺いました

― 葬儀社をどのように探されましたか?

東葛福祉葬祭さんのことは以前から地域新聞の広告で見ていて知っていましたし、インターネット等で皆さんからの満足度が高いことも知っていました。
ちょうど夏に親族の葬儀があったので、その親族からどういう葬儀社を選べば良いのかといった話を聞いて、いろいろなアドバイスをもらって、一度、満足度が高い葬儀社に話を聞いてみようとなって東葛福祉葬祭さんに資料請求をしました。インターネットで資料請求をしたのですが、とても早く資料が届いて、対応の早さに「ここは信頼できるかも」と感じました。後日、事前相談を行って、具体的なお見積書も作成して頂いて「ここにお願いしよう」と決めました。

祭壇写真

― どのような葬儀でしたか?

流山家族葬ホールでお坊さん等の宗教者を呼ばない無宗教形式で一日葬を行いました。
当初は野田市斎場の式場で特に何かをするわけではなく、家族が集まって想い出話等をしてお見送りをしようと思っていましたが、ちょうど野田市斎場が混み合っていたこともあり、流山家族葬ホールを利用させて頂くことになりました。流山家族葬ホールだと納棺式もできるというお話を頂いたので、それを取り入れた形式での一日葬にすることにしました。
お葬式まで日数があったので故人の体の状態が少し心配でしたが、安置をお任せしていたからか当日の姿は亡くなった時と変わらないきれいな状態で安心しました。また、納棺式を取り入れたことで故人と触れ合う時間が長く作れて、棺に納めるところまで家族みんなでできたのが、本当に良かったなと思います。心に残る式になりました。

祭壇写真

― 葬儀を終えられた感想をお願いします。

西野さんの気遣いや気配りの良さに家族みんなが感謝しています。常に一歩先にいらしてお手伝いして下さるので、みんな「すごいねぇ」って言ってましたよ。最初から最後まで安心してお任せすることができました。ありがとうございました。

※取材日2022年12月