ひとり言

0葬とは

0葬とは宗教学者の島田裕巳氏が2014年に出版した「0葬-あっさり死ぬ」という本で紹介された形式です。簡単にいうと「火葬が終わった後、遺骨を火葬場から持ち帰らない、受け取らず処分してもらう」といった形式です。墓地を準備する必要がなく、遺族から墓地に関する重荷から解放され、経済的にも楽になるという趣旨のようです。

すべての遺骨を持ち帰らない地域もあります

「遺骨を処分・・・」と聞くと流山市や柏市、野田市にお住まいの方は抵抗がある方が多いです。しかし、関西地域等は遺骨をすべて持ち帰るという風習がありません。骨壷の大きさも、関東地方では7寸というサイズですべての遺骨が納まる大きさですが、関西地方等では4寸、もしくは5寸といった小さめのサイズですべての遺骨が納まる大きさではありません。この関西地域等で使われるサイズの骨壷の場合、納まりきらない遺骨は火葬場で引き取られています。関東地方の方の感覚では「遺骨を火葬場に置いてくるの・・・?」という考えですが、関西地方等の方の感覚では「遺骨を全て持ち帰るの・・・?」という考えです。

ウイングホール柏斎場では0葬を行うことが可能です

ウイングホール柏斎場では、所定の書面に署名と押印さえすれば「遺骨を持ち帰らない、受け取らない」ということが可能です。この場合、火葬終了まで待つ必要もなく、火葬が始まった段階で解散するということも可能ですし、火葬終了まで待って遺骨の確認だけして解散するということも可能です。

野田市斎場でも0葬を行うことが可能です

野田市斎場でも、ウイングホール柏斎場と同じように、所定の書面に署名と押印をすれは0葬を行うことが可能です。ただし、野田市斎場でもウイングホール柏斎場でも、後から「やっぱり遺骨を返して・・・」ということはできません。0葬を行った場合は、後からやめて遺骨を返してもらうということはできません。

0葬ができない火葬場もあります

ウイングホール柏斎場や野田市斎場では、所定の書面に署名と押印すれば0葬が可能ですが、どんなに希望しても遺骨を引き取らない火葬場もございます。火葬場によってはすべての遺骨ではなく一部の遺骨さえも引き取りを行わない火葬場もあります。この場合、関西地方等に納骨をするため小さな骨壷を利用する場合も「すべての遺骨を持ち帰らないといけない・・・」ということになります。火葬場によってできることとできないことがありますので、葬儀社に相談することが大切になってきます。

0葬を勧めているわけではありません

野田市・柏市・流山市で直葬を行った場合に0葬を行うことはできますが、決してお勧めしているわけではございません。現在でも、それほど認識されている方もおりませんので、一般的に受け入れられていないとみて良いでしょう。

このひとり言をつぶやいたスタッフ

西野

西野隼央

専務取締役
所有資格:葬祭ディレクター/グリーフケア・アドバイザー/終活ライフケアプランナー

葬儀のわかりやすい資料をご用意しております

葬儀のことを知っておきたいけど、事前相談に行く勇気がまだ持てない。まずは資料だけ見てみたいという方は弊社の資料をご覧下さい。もちろん無料で、電話とメールにて受け付けております。
資料をご覧になって頂いた後、不明な点等は事前相談をお勧めします。事前相談は皆様の不安を安心に変えることができます。

割引券プレゼント中

まずはお気軽に無料の最新資料をご請求下さい

0120-40-4194(受付時間 24時間365日)